”僕だからこそ”言える内容をシェアしていきます。

少しでも皆様のお役に立つことが出来れば幸いです。ようこそ僕のブログへ  

デザイン変更中です

【ネイティブ英語】ネイティブの友人とのメールでの会話を大公開

 ネイティブの友人とのチャット大公開!

 

 

と言うことで、今回の記事は

 

 

ただひたすらに僕の友人とのメールでの会話のスクショを貼りまくることになるかと思うんですが、やっぱり実際のネイティブとのメール上での会話は、留学しないとなかなか知ることのできないことだと思うので、どんな内容でもタメになるのかなと思います。

 

 

 

ネイティブとのメールでの会話(スクショ)

 

サーフィン行く約束

f:id:kanta-ryugaku:20190429052643j:plain

 

クラブでジョージを見失った時のミランダとの会話

f:id:kanta-ryugaku:20190429052651j:plain

 

近所に住んでいた双子の姉妹とご飯に行く約束

f:id:kanta-ryugaku:20190429052704j:plain

f:id:kanta-ryugaku:20190429052658j:plain

 

クラスメイトから「ゲームしよ!」って誘われた時の会話

f:id:kanta-ryugaku:20190429052711j:plain

 

親友のマットから「車買った!」っていう報告

f:id:kanta-ryugaku:20190429052718j:plain

 

クラスメイトのクリスと一緒に勉強する約束

f:id:kanta-ryugaku:20190429052726j:plain
f:id:kanta-ryugaku:20190429052731j:plain

 

などなど、たくさん貼りましたが、「ザ・日常会話」的なものを集めてみました。

 

貼りすぎると、ちょっとあれなので、またリクエストがある場合は、次の機会に持ち越そうかな、と思います。

 

ネイティブとメールして気づいたこと

こうやって何人ものネイティブとメールで毎日やり取りをしていて気づいたのは

 

 

「文法ではなく、伝わればいい」

 

 

ということを皆さん徹底しているように感じます。

 

 

というのは、文法は全く気にしなくていい、と言っているのではなくて、文法の間違いが少しあったとしても、別に気にする必要はなく、その話の核を伝えることができればもうそれでいい、ということですね。

 

 

まぁこれは日本語でも同じなのかな、と思いました。

 

 

無意識のうちに、日本語でも文法がめちゃくちゃなのに、伝わることはたくさんありますよね。その方が楽な場合もありますしね。それと同じなのかな、と思います。

 

 

最後に

最後にちょっと話は逸れますが、アメリカにはLINEのような便利なチャットアプリなどはなく(厳密にはありますが使わない)、僕の世代ではもうみんな電話番号を交換しあって、テキストメッセージで連絡し合っています。

 

 

ガラケー時代のメールのような感覚とちょっとだけ似てるのかな、と思います。

 

 

だからこそ、現地で携帯を買って、現地の電話番号を持つことは大事なのかな、とも思います。

 

 

もちろん、電話番号だけが連絡し合う手段ではなく、他にもスナップチャットやフェイスブックのメッセンジャーなどもありますが、電話番号がやはり一番メジャーな媒体になるのかな、と思います。

 

 

スナップチャットやインスタグラムなどのSNSは年齢によって大きく利用層が変わるかもしれませんが、電話番号のテキストメッセージに関してはもう10代から60代まで利用していますからね。

 

 

日本でメジャーなLINEと同じような感覚だと思っておくと、わかりやすいのかな、と思います。

 

 

では、今回の記事はこの辺りで。また明日の記事で会いましょう。

 

 

ピースアウト!!!

f:id:kanta-ryugaku:20190315083701j:plain

 

プロフィール
id:kanta-ryugaku

KANTA

A

Kanta In CA/the U.S.をフォローする