”僕だからこそ”言える内容をシェアしていきます。

少しでも皆様のお役に立つことが出来れば幸いです。ようこそ僕のブログへ  

【アメリカ留学】僕が唯一オススメする留学斡旋会社はどこ?

みなさんこんにちは、カンタです。

 

いつも僕のブログを読んでいただき、本当にありがとうございます。

 

そしてこれからもよろしくお願い致します。

 

 

前から僕のツイッターをフォローしている方、またはブログを昔から読んでくださっていた方はご存知かと思いますが、僕は留学斡旋会社を通して留学することに断固として反対しているんですよね。

 

 

ブラックな留学斡旋会社は高い費用をぼったくる割にあまり役に立たないとか、留学前に言ってたことが留学後に違うことがあったりするんですよね。

詳しくは過去に記事にしてますので、下のリンクからご参照ください。

 

 

 

ですが、やはり留学斡旋会社を通さないと、面倒くさいし、学校選びやビザの手続きなどの細かいことを一人でやりきる自信がない方もたくさん居られるかと思います。

 

 

が、中にはブラックではなく、スーパーホワイトな留学斡旋会社があったりもするんですよね。

 

 

実際に僕の友人もその会社を通してアメリカに進学していまして、詳しく聞いていくと、とても献身的で細かいことなど、特定の地域で現地でのサポートもしっかり担ってくれる会社ということなので、今回の記事で紹介することにしました。

 

f:id:kanta-ryugaku:20190302113338j:plain

 

 

アプラスという留学斡旋会社

皆さんはアプラスという留学斡旋会社はご存知ですか?

やはり、留学斡旋会社は日本中に数え切れないほどあると思うので、初めて聞いたという方も多いかと思います。

 

普段、留学斡旋会社に対して否定的な意見が多い僕でもこのアプラスという会社はすごくオススメすることができるんですよね。

 

というのも、それには理由がいくつかあって、詳しくは次の項目でしっかり紹介していくのですが、他の留学斡旋会社がしてくれないようなことをしてくれるからです。

 

アプラスがどういうことをしてくれるのか

まず初めに伝えておきたいことがありまして、これはアプラスの強みでもあるんですが、僕が過去に留学していたワシントン州・シアトルにアプラスのオフィスが置いてあるんです。

 

実は、これが本当にすごいのです。

 

なぜこれがすごいのかというと、現地でのサポートをリアルタイムで担ってくれるからなんですよね。

 

これは他の留学斡旋会社ではなかなかやっていることではなく、助けを頼んでもメールを通してなので、時差のおかげで助けが欲しいときに早急に助けてもらえないんですよね。

 

ですが、アプラスは現地にオフィスを構える事によって、例えば緊急を要する時などは電話一本ですぐに対応してくれるんです。

 

これは留学生ならすごい共感していただけると思うのですが、本当にありがたい事なんですよね。特に留学に来たばかりで右も左も分からないときには頼りになりまくると思います。

 

では、実際にどういったことをしてくれるのかを紹介したいと思います。

 

f:id:kanta-ryugaku:20190312073445j:plain

 

学校の勉強面をサポート

まず、学校の勉強面についてのサポートなのですが、これは読んで字のごとく学校の授業で分からないところがあった時にそこをピンポイントで教えてくれるんです。

 

 

例えば、留学生にとってエッセイはつきものです。

 

 

エッセイならではの書き方や文法など、留学に来て初めて知ることの方が多いでしょう。もちろん学校の先生にも質問することはできますが、自分の為だけに何時間も割いてくれることは難しいのが現状。

 

 

ですが、アプラスでは個別体制をとっているのでしっかりと自分と向き合ってもらえて、たっぷりと知りたいことを教えてもらえます。

 

 

教えてもらえることは勿論、学校の勉強だけでなく留学生にとって大事になってくるTOEFLやTOEICの対策などもしっかり教えてもらうことができます。

 

 

先生はしっかりネイティブの方が来てくださるので、スピーキングやリスニングの対策にもってこいです。テストまでの日数を逆算し、しっかりと予定を立てて一人一人にあったペースで行ってもらえます。

 

 編入のサポート

次に、編入のサポートについて。

これは、留学生全員に当てはまることではないんですが、主にコミュニティカレッジから四年制の大学に編入する際のサポートをしてもらえます。

 

 

大学に進学するための専攻決め、自分にあった大学選び、大学に進学するためのアプリケーション、いわゆる願書の提出まで全てサポートしてもらえます。

わからないことがあった場合でも、質問さえすれば早急に対応してくれるところも魅力的ですね。

 

学校外での生活面のサポート

最後に、学校外の生活面のサポートについて。

 

 

地元のオススメのスーパーを教えてもらえたり、初めてアメリカに来た留学生が銀行口座を開設する際にも手助けをしてもらえます。

 

 

現地 (ワシントン州・シアトル) にオフィスを構えている訳ですから、何かトラブルがあった時にも電話1本ですぐに対応してもらえます。

 

 

地元の野球チーム、シアトル・マリナーズが大谷選手率いるロサンゼルス・エンジェルスとの試合の時は観戦ツアーなども行われていました。

 

アプラスを通して留学した僕の友人の体験談

 友人A

僕は、カリフォルニアの某大学にJunior(3回生)として、2019年1月から編入しました。

 

それまでは、ワシントン州のシアトルでコミュニティカレッジに、アプラスで一年半ほど手助けをしてもらいながら通っていました。

 

最初の頃は学校の勉強のヘルプやエッセイの添削をしてもらっていましたが途中から大学編入のための準備に移りました。

 

元々メジャー(専攻)もまともに決めておらず、大学も候補すら決めていない状態でした。

 

後にメジャーを元々興味のあったMarine Science(海洋学)に決め、大学をカリフォルニアに決めました。そこから今の学校にたどり着くまでもう少しかかりましたが。。

 

トータルで1年ほど大学を決めるのにかかりました。

日本にいても中々自分のレベル・メジャーにあった大学を選ぶ事は難しい。アメリカなら尚更難しい訳です。

 

電話や実際に面会しての三者面談もしていただきました。(実際に留学していても中々アメリカの大学事情を掴むことは難しいので、日本にずっと住んでいる両親は余計に分からないのでそので説明を含め直接お話しするため)

 

僕ほどこんなにも長い期間何も決めることができずにいた生徒はいなかったかと思います。ですが、最終的には大学まで直接行って、僕のメジャーのプロフェッサー(教授)に直接会って僕の編入の事についてのお話しまでしてくださいました。

アプラスでなかったら僕はアメリカで大学に進学できていなかったと思います...

なのでこのブログを読んでいる読者の方で、留学斡旋会社選びに困っている方がいるのなら、アプラスを本当にオススメしたいです。

 

 

 

ということなんですが、実際に僕もこの友人の体験談を聞き

 

「アプラスを通して留学すればよかったなぁ・・・」

 

とすごく後悔しております。

 

彼以外にも、アプラスを通して留学してる友人が多く、良い噂しか聞かないのも事実なんですよね。

 

やはり、現地 (現段階ではワシントン州のみ) にオフィスがあることや、英語学習に置ける手厚いサポートがあるのは、本当に心強いことですよね。

 

なので、彼も言っているように、読者の皆さんでもし留学斡旋会社を通すことを検討しているのであれば、ぜひこの斡旋会社を選んでいただきたいと思っております。

 

少しでも今回の記事が役に立てれば幸いです。

 

また明日の記事で会いましょう。

 

ピースアウト!

f:id:kanta-ryugaku:20190312073652j:plain