”僕だからこそ”言える内容をシェアしていきます。

少しでも皆様のお役に立つことが出来れば幸いです。ようこそ僕のブログへ  

【アメリカ留学】正規留学!先を見据えて留学先選びは慎重に!

 皆さんはどのように留学していますか?

 

 

数ヶ月の短期留学?日本の大学からの交換留学?

 

 

今回の記事は、アメリカへ正規留学することを少しでも考えてる方に向けての記事になります。僕の失敗談なども踏まえて、詳しく綴っていこうかと思います。

 

f:id:kanta-ryugaku:20190507014909j:plain


 

 

 

そもそも正規留学とは

皆さんは正規留学が何かをご存知でしょうか。

 

 

 

正規留学というのは、その国の大学に進学して、卒業するといったものなんですが、大学生活をその現地で過ごすわけですから、期間は最低でも4年になります。

 

 

 

そして、これは人によって変わりますが、大体の正規留学生はコミカレ(2年制大学)から3年時に四年制大学へと編入します。

 

 

 

コミカレに関しては、過去に詳しく記事にしているので、下のリンクからご参照ください。

 

 

www.kanta-ryugaku.com

 

 

コミカレだからと言って勉強に手を抜けるということは一切なく、コミカレでの成績が四年制大学の編入時にとっても重要になるので、どの生徒もみんな必死なわけですね。

 

 

 

高いGPAを取るためには、当たり前ですが、課題はしっかりやって、授業は絶対サボったらダメだし、テスト勉強も本気でやらないといけないんですよね。

 

 

 

なので、毎日課題に追われてMacBookと向き合う時間ばかりだし、課題がわからないときは友人の家に集合して一緒にやったりと、生活がもう課題中心になるわけです。

 

 

 

これは友人から聞いたので僕は詳しく知らないんですが、正規留学と違って、日本の大学からコミカレや四年制大学に留学しに来てる人というのは、授業に出ておけば単位を取れるとのことで(成績は関係ないって言ってましたがこれは大学によるのかなと思います)、課題はやりつつも、正規留学生ほど必死に勉強してるイメージはなかったです。

 

 

僕の失敗談

僕は、シアトルからサンディエゴの大学へ州をまたいで編入しました。

 

 

元から晴れが好きな人間なので、10月から4月にかけてのシアトルの雨期には耐えることができず、常夏のサンディエゴへ転校を決意しました。 

 

 

あと1クォーター(1学期)でコミカレ卒業というところで、セメスターのコミカレに編入したわけですが、そこで大きな問題がありました。

 

 

実は、全く単位移行できないクラスが10個ぐらいあったんですよね。

 

 

10個ですよ、10個(笑)一瞬で2,3学期分ぐらいが無駄になった感じです。

 

 

なぜそんな事になってしまったのかというと、大学というのは州によってシステムが全く違うので、どんなに同じ内容の授業でも州をまたいでしまえば、違う授業と捉えられることがあるんですよね。

 

 

今学期なんてもう既にシアトルで履修した全く同じのアカウンティングのクラスを2つとも取らされています。

 

 

他にも歴史やアート、更には経済まで、必死に勉強してAを取ったクラスも、編入したおかげで全く意味がないものになってしまいました(苦笑)

 

 

大変なのは単位の移行だけでなく、そもそもの編入手続きもそうでした。

 

 

今回の僕のケースだと、ワシントン州のクォーター制のコミカレに通っていたわけですから、カリフォルニア州のセメスター制のコミカレに編入するのにはもう大変でした。

 

 

手続きなどは、シアトルで通っていたカレッジの専属カウンセラーも頼りましたが、基本すべて一人でやる必要があったので(書類を揃えたり、サンディエゴの大学にアプライしたりと)、相当めんどくさかったのを覚えております。

 

 

まぁアメリカも広く、州が違うだけで法律も変わるぐらいですから、州またぎの編入が難しいというのは、当たり前といえば当たり前なんですよね。

 

 

なので、これから正規留学を考えている方には本当に慎重に留学先を選んでいただきたいものです。

 

f:id:kanta-ryugaku:20190327140854j:plain

 

留学は情報戦

何度も言いますが、留学というのは情報戦になるんですよね。

 

 

僕も無知でしたから、後先を考えずに、シアトルに留学したことで、このような手間のかかる結果になってしまったわけですよね。

 

 

もう過去のことを気にしても仕方ないし、シアトルもすごい良いところなので(夏は最高)、特に後悔はしていませんが、事前にしっかり考えておけば無駄は絶対省けたので、皆さんには同じような失敗をしてほしくないと思っています。

 

 

もう晴れが好きなら黙って南カリフォルニアへ!と言いたいですね(笑)

 

 

サンディエゴってアメリカで一番住みやすい所って言われてるんですけど、日本人留学生には全く会わないし(シアトルにいた時はもう凄かった。)、治安も比較的良い方だし、ビーチもしっかりあるし、雨は1年に3回しか降らないと言われいるので、もうストレスフリーな都市になっています。

 

 

これから留学を考えている方、サンディエゴどうでしょうか?とってもオススメします。

 

 

では、今回の記事はこの辺りで。また明日の記事で会いましょう。

 

ピースアウト!

 

 

f:id:kanta-ryugaku:20190507015046j:plain