”僕だからこそ”言える内容をシェアしていきます。

少しでも皆様のお役に立つことが出来れば幸いです。ようこそ僕のブログへ  

デザイン変更中です

充実した留学生活を送るために大事なこと

皆さんこんにちは、カンタです。

 

いつも僕のブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

そしてこれからもよろしくお願い致します。

 

今回の記事は、主にこれから留学を控えている方、また現役で留学している方に向けてになると思います。

 

 

みなさんは、留学には成功と失敗があると思いますか?

 

 

たまに、

 

 

「留学を成功させる秘訣」

「留学で失敗しないために大事なこと」

 

 

などなど、ちらほら言ってる方がいますよね。

 

 

でも、僕は留学生活には成功も失敗もないと思っています。

 

 

というのも、留学というのは、言葉も通じないまま、異国の地で生活して、勉学に励むということなので、もう留学してる時点で凄いことなんですよね。

 

 

それだけでまずは自分を誇るべきだと僕は思っているので、失敗なんて存在しないと思っております。

 

 

が、「成功させるために」ではなく、「充実させるために」大事なことというのは、僕自身いくつか意識していることがあり、今回の記事ではそれについて項目ごとに分けて綴っていこうかと思っております!

 

 

 

 

充実した留学生活を送るために大事な事

今回の記事では、簡単に8個のポイントに分けることにしました。

 

 

早寝早起きする

まずはそうですね、早寝早起きをすること。とても大事です。

 

 

留学生活で大事なことの一つに、己のモチベを保つということがあると思うんですが、遅くまで夜更かししたり、寝坊して授業に遅れてしまうようなことが続けば、当たり前ですが、その日のやる気は失せますよね。

 

 

 

やる気が失せてしまうと、やるべき課題ですら手をつけなくなってしまったり、シンプルに寝坊して授業休んでしまうと、次の回では何を言ってるのか理解不能になるので、やはり早寝早起き is とても大事。

 

 


毎日3食食べる

これは人にもよるかもしれませんが(1日2食の人もいますよね)、とにかくしっかりたべるということ。

 

 

 

これは大食いしろと言ってるのではなくて、適度な量を決まった時間に食べることが大切だと思っていて、健康体を維持しないと、勉強すらできなくなってしまいますからね。

 


適度な運動をする

適度な運動というのは、日頃のストレスを解消してくれます。

 

 

留学生活というのは、毎日が小さいものから大きいものまでハプニングの連続だと思うので、無意識にストレスというものは溜まり続けている。

 

 

だってそうですよね、生きてるだけで第2言語の英語を話さないといけないですからね。筋トレを始めるのも良し。外を散歩するのも良し。なんでもいいので定期的に続けれるものが良いですね。

 


授業は遅刻しないサボらない

これは先ほどもちらっと書きましたが、一度授業に遅刻したりサボってしまうと、次の回ではもう全くついていけなくなります。

 

 

これ、本当です。1回の授業で進むスピードというものは果てしなく、ネイティブの学生に合わせて行なわれるので、授業スピードというものも、とっても速いです。みなさん良い成績を取りたいに決まってますよね。

 

 

なので、しっかり時間通りに授業には出ること!

 


能動的に動きまくる

とにかく能動的に動きまくりましょう。

 

 

人間に話しかける。クラスメイトに連絡先を聞いて一緒に課題をし合う。ご飯を食べる。遊ぶ。何でもOKです。

 

 

これはアメリカ留学してる視点からにはなりますが、受動的に自分がずっと待っていたところで、誰も助けてくれないんですよね。

 

 

「分からないことは分からない」とはっきり言わなければ、誰も助けてくれないんですよ。友人作りでも同じで、自分から積極的に行動すれば、どんどんたくさんの友人に恵まれると思っています。

 


一人でもいいので外に出る

これも「能動的に動きまくる」に続くお話にはなりますが、能動的に動くというのは、もちろん一人の時でもできます。外に出るのです。暇なときに、外で散歩でもしたり、バスに乗って街に出かけたりするのです。

 

 

外に出ると新しい出会いや体験というものがあります。

 

 

街を歩いていると、

「その靴かっこいいな」とか話しかけられたり、スタバで勉強していて隣に座っていた男性と仲良くなったり、など、部屋にこもっていたら決して起こらなかったであろうことが、外に一歩出て見るだけで起きる可能性があるんですよね。

 

 

本当に暇で、体も疲れていないのであれば、外に出てみましょう。

 


部屋に篭ると癖になって悪循環

部屋に篭り始めると、癖になります。

 

 

だって、居心地が良いですからね。

 

 

頑張って英語で何かを伝えようとする必要もないし、一人でベッドでYoutubeでも観ておけば、めっちゃリラックスしますからね。

 

 

毎日ハードモードの留学生にとっては、それが至福のひとときになっているのかもしれませんが、もったいないな、と僕は思います。

 

 

もちろんそのような時間は絶対必要だし、何も悪いことではないと思うけれど、部屋に篭ることがルーティーン化してしまうと、いざ能動的に動きましょうってなった時に、なかなか動けないんですよね。もう癖になってしまってるので。で、また部屋に篭る。悪循環ですね。なので、最初からもう外に出るということを意識しておくといいのかもしれません。

 

 

病んでもいいが、24時間で切り替える(とても大事)

留学生活、病むことなんてたくさんあります。

 

 

英語が全く通じなかったり、勉強したのにテストの成績が悪かったり、人間関係だったり、ものを奪われたり、事故したり、失恋したり、と挙げ出すとキリがないです。

 

 

同じようなことが日本で起きたとしても、凹むレベルが違うんですよね。

 

 

家族はみんな日本だし、トラブルが起きたら全部英語で100%伝え切れてるかわからないし...

 

 

そんな状況で生活しているのですから、ぶっちゃけ病むことは当たり前なんですよね。

 

 

どんどん病みまくっていいと思います。

 

 

が....

 

 

24時間で切り替えてください。

 

 

とにかく24時間でスパッと切り替えること。

 

 

病み期を長引かせると、健康にも悪いですよね。

 

 

健康体を維持できないと、最悪帰国することになってしまうということもあると思います。

 

 

そうならないために、スパッと切り替える。

 

 

例えば僕なら、どれだけ悲しいことが起きたとしても、もう24時間後には切り替えます。その1日は確かに結構落ち込みますし、モチベも下がるんですけど、やっぱり終わったことを気にしても仕方がないので、24時間後にはもう通常運転です。

 

 

不思議なことに、そうしていると、本当に毎日が楽しくなっていき、能動的に動きまくるようになりました。能動的に動きまくった結果、たくさんの友人にも囲まれ、英語力もグングン伸びていったという感じです。

 

 

なので、留学生には、病んでも大丈夫だけど、次の日にはスパッと切り替えることを意識していただきたいと思います!

 

最後に

今回の記事で挙げたポイントを徹底しておけば、間違いなく楽しい留学生活を送れるんじゃないかな、と思います。

 

 

もちろん初めから全て徹底することは難しいかと思うので、少しずつ自分ができるものから、始めていけると良いと思います。

 

 

読者の方で留学を控えてる方や現役留学生のことは、こちらサンディエゴからにはなりますが、心から応援しております。(僕も頑張ります!笑)

 

 

ということで、今回の記事はこの辺りで。また明日の記事で会いましょう。

 

ピースアウト!

プロフィール
id:kanta-ryugaku

KANTA

A

Kanta In CA/the U.S.をフォローする