”僕だからこそ”言える内容をシェアしていきます。

少しでも皆様のお役に立つことが出来れば幸いです。ようこそ僕のブログへ  

デザイン変更中です

【アメリカで学んだこと】タトゥーを彫る背景にも色々あるんだよ

皆さんこんにちは、カンタです。

 

 

いつも僕のブログを読んでいただき、本当にありがとうございます。

 

 

そしてこれからもよろしくお願い致します。

 

 

今回ですが、先日このようなツイートをしたところ、大きな反響を呼んだんですね。

 

 

f:id:kanta-ryugaku:20190407060108p:plain



本文に入って行く前に言っておきたいことが。

 

 

僕はタトゥーを入れていません。だからこそ、このようなツイートをしました。

 

 

確かに日本では反社会勢力のおかげでタトゥーに対するイメージが悪い。

 

 

そしてこれを払拭しきるのは不可能と言っていいほど難しい問題になっている。

 

 

僕も渡米前はいいイメージを持っていなかった。でも今は何の偏見もない。

 

 

だからこそ、この視点をシェアする必要がある。

 

 

タトゥーを入れてるだけで下に見られたり、否定されるのは正しいことじゃないんですよね。

 

 

そのような思考になってしまうのに深い深い歴史と理由があるのはわかっていますが、時代は流れるものなんですよね。

 

 

ということで、今回の記事ですが、まだまだタトゥーに対して悪いイメージを抱いてる方に向けて一生懸命書くことにしました。最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

 

 

f:id:kanta-ryugaku:20190407065952j:plain

 

タトゥーを入れる人にも色々な背景がある

ということですが、僕はアメリカで2年生活してみて、今までにタトゥーを彫ってる人をたくさん見てきました。若者からお年寄りまで。

 

 

・自分の好きな歌詞を彫ってる人

・将来訪れたい国のシンボルを彫ってる人(日本なら桜とか)

・自分の故郷の好きな場所を彫ってる人

・亡き親友の名前を彫ってる人

・亡き母親が好きだった花を胸に彫ってる人

・手術痕を隠すために無理やりアートにしてる人

 

 

色々な人がいるんです。そして、彼ら彼女らに話を聞くと全く後悔していない。

 

 

なぜなら「悪いこと」だと思ってないからなんですよね。

 

 

ご存知でない方もいるかと思うんですが、そんなアメリカでも数十年前まではタトゥーにはギャングのイメージが染み付いており、決していいものではなかった。

 

 

でも今はどうですか?まだ保守派の方に好まれないことがあっても、タトゥーがアートのように親しまれる風潮が増えてきてますよね。

 

 

タトゥーに対するイメージはアメリカも日本も全く同じで、悪いイメージが張り付いていたんですよ。でも、タトゥーにも良いところがある、色々な背景がある、ということが広まってきてからは柔軟な考えを持った方が増え続けているんですよね。

 

 

僕があのツイートの中で言っていたのは、

 

 

「押し付けてはいないけど、偏見は何事も良くない。見た目で判断するのではなく、思考を柔らかくして、その人の中身で判断することが何よりも大切。」

 

 

という趣旨だったわけです。

 

 

タトゥーだけでなく、何事も見た目で判断することに何のメリットもないのです。

 

 

こんなタトゥーもあるんだよ!

じゃあ実際にどのようなタトゥーがあるんでしょうか?

 

 

調べてみるとシャアしたい素敵な写真がいっぱい出てきました。

 

 

手術痕を隠すアート

f:id:kanta-ryugaku:20190407062414j:plain

 

f:id:kanta-ryugaku:20190407062515j:plain

 

f:id:kanta-ryugaku:20190407062543j:plain

f:id:kanta-ryugaku:20190407062632j:plain



桜のタトゥー

f:id:kanta-ryugaku:20190407062848j:plain

 

自由の女神のタトゥー

f:id:kanta-ryugaku:20190407062909j:plain

 

母親が亡くなって彫ったタトゥー

f:id:kanta-ryugaku:20190407063032j:plain

 

幼少期から一緒に生まれ育った親友とお揃いのタトゥー

f:id:kanta-ryugaku:20190407063121j:plain

 

どれも素敵ですよね。

 

「うわ!タトゥー入ってる。怖いなぁ」

 

と言って避けてしまうのは勿体無くないですか?

 

実際に絡んでみると良い人なんてたくさんいます。

 

 

最後に

最後にはなりますが、僕は「タトゥーは正義!日本でもタトゥーは流行るべき!」なんて押し付けてるわけではないですよ。

 

 

「何事にも、もっと柔軟な思考を持てたらいいね」

 

って言ってるんですよね。

 

 

これからの時代もっともっとグローバル化していきますよ。

 

 

なんども言いますが時代は流れるものです。

 

 

60年前、アメリカでは女性がマラソンに参加することですら許されなかった。

 

 

走ってるだけでたくさんの男性からけなされた。暴力も振るわれた。

 

 

が、2019年はどうですか?

 

 

世界中で女性が大活躍してますよね。

 

 

同じことです。

 

 

これは歴史が証明してますけど、いつか若者の常識が国の常識になっていくのは間違いないんですよね。

 

 

他人を見た目で判断することには何のメリットもないです。

 

 

「不良だと思った。でも絡んでみたら良い人だった。」

「ドラッグ中毒のホームレスだと思った。でも詐欺に遭って全財産失った人だった。」

 

 

こんな話、しょっちゅうありますね。たくさん見てきました。

 

 

将来僕に子どもができたら

 

「何事も噂や印象だけで判断してはいけない。中身をしっかり見て向き合うことが大事。中身は実際に絡んでみないと分からないよ。」

 

と教えます。

 

 

日本だけでなく、世界中で、何事にも偏見がなくなっていくことを心から望んでいます。

 

 

では今回の記事はこの辺りで。また明日の記事で会いましょう。

 

ピースアウト!

 

f:id:kanta-ryugaku:20190407070202j:plain



プロフィール
id:kanta-ryugaku

KANTA

A

Kanta In CA/the U.S.をフォローする