”僕だからこそ”言える内容をシェアしていきます。

少しでも皆様のお役に立つことが出来れば幸いです。ようこそ僕のブログへ  

デザイン変更中です

【英語学習法】現役アメリカ留学生が教える!効率の良い英語学習法?

皆さんこんにちは、カンタです。

 

いつも僕のブログを読んでいただき、本当にありがとうございます。

 

そしてこれからもよろしくお願い致します。

 

まず、この記事とは関係ないのですが

 

昨夜、何とTwitterで2万フォロワー達成致しました!

 

2ヶ月前はフォロワー75人の中で活動していたので、ここまで来れたことが信じられないという事と、何事もコツコツと継続していくことが大切なのだな、とヒシヒシと感じております。

 

 

フォロワー様・読者様には本当に感謝しかありません。ありがとうございます!

 

では!話を戻しまして、

今回の記事なんですが、僕がオススメする英語学習法を、スピーキング・ライティング・リスニングに分けて綴っていきたいなと思っております。

f:id:kanta-ryugaku:20190206152431j:plain

 

 

 

 

実は英語は誰でも得意になれる

という事なんですが、これは本当です。

 

英語という科目は努力次第でどうにでもなる科目なんですよね。

 

数学や科学などの理系科目は、確かに遺伝的なものはあるかと思うのですが、英語という科目は、最後には "毎日継続してやりまくった人が勝ち” だと思っており、継続することには遺伝要素やセンスなどの必要ないので、誰でも得意になることが可能ということですね。

 

こんなことを言うと、英語嫌いの方から苦情が入るのですが、ただ努力すればいいというわけではなく、効率よく毎日努力することで成果が出るのだと思います。

 

では、実際にその効率のいい学習法というものを紹介していこうと思います。

 

どうやって得意になれるの?

まず第一前提として、先ほども書きましたが "毎日コツコツと継続する" ということは徹底していただきたいです。英語はコツコツ続けた人に結果が出る科目ですので、まずは継続することが大切です。

 

が、闇雲に毎日英語の問題を解きまくればいい、というわけではなく、効率の悪い勉強法というものもあります。

 

例えば、学校の教材で英文を日本語訳にする問題とかありますよね。

 

ああいう系統の問題は頭の中で日本語訳するだけで、実際に書かなくていいです。

それで先生に怒られるのであれば、その人に合理的な理由を聞いてください。

日本語を書く練習をする必要はなく、日本語訳さえできれば良いのです。

 

が、やはり基本のベースはとにかく問題を解きまくり、次から次へとひたすら英文を書きまくるということだと思っております。(英単語学習の場合は大きく変わってきますので、英単語学習法の記事のリンクを貼っておきます⇩)

 

www.kanta-ryugaku.com

 

例えば、1ページに10問、日本語を英語に訳す問題があるとします。

 

僕なら、まずはとりあえず問題を解いてみて、わからない問題にはチェックをつけ、答えを確認します。

 

答えを確認した上で、もう一度、1問目から反復して解き始めます。

 

この時点でもう既に2回解いてることになりますね。

 

1周目でわからなかった問題がまたわからなかった時、懲罰として1問目から同じ問題を解き続けます。すでにわかっている簡単な問題も含めてです。

わからない問題を何度も解きつつ、わかっている問題への理解力をさらに深めるというのが狙いです。

 

1周目でわからなかった問題を解くことができた場合、次は書くのではなく、目だけで1問目から解き始めます。

 

この時点で同じ問題を3回解いてることになりますね。

 

ここでやっと次のページに行くことができます。

 

今回の例をまとめると、書いて2回、目で1回ということですが、場合によっては何回も何回も反復することになります。

 

英単語を覚えるにあたって書いて覚えるということには僕は反対しているのですが、英文法の観点で英語力を向上させたいなら、書き続けるということはマストだと個人的に考えております。

 

では次に、スピーキング・リーディング・ライティングの3つの項目に分けて、僕がオススメする効率のいい勉強法というものを綴っていこうと思います!

 

f:id:kanta-ryugaku:20190325071859j:plain

 

オススメのスピーキングスキル向上法

やはり、これは過去に何度も何度も言い続けているのですが、スピーキング力を効率よくあげたいのなら、一番は外国人の友人を作り、彼ら彼女らの英語を直接側で聴いて、そのまんまの音の真似をする、といったことだと思っております。

 

外国人の友人を日本で作ることは可能ですが、人によっては確かに難しいところもあるかと思いますので、そのような方の場合は、"TED Talk" を何本も視聴し、実際のネイティブの英語をシャワーのように浴びることで、よりネイティブに近い発音というものを "なんとなく" 理解できるんじゃないかと思われます。

 

これは何事でもそうですが、インプットしたらアウトプットをすることも大切で、TED Talkをただ視聴しまくればいいというわけではなく、実際にそこで得たフレーズを独り言でブツブツ言ってみたり、目をつぶって彼らが何を言っているのか書き留める(シャドーイング)ことなども、是非実践していただきたいと思います。

 

オススメのリスニングスキル向上法

これは少しスピーキング力向上法と似ているところがありまして、ネイティブの英語をシャワーのように聴きまくるということが何よりも大事なことだと思っております。

 

が、ここで注意しないといけないのは、ただ聴きまくるというわけではなく、実際に聴こえた英文や英単語を文字にして書き起こすということが何よりも大事だと思っています。

 

洋画や海外ドラマを英語字幕、英語吹き替えで視聴するのもアリかもしれませんね。

恐らく半分以上理解できないと思うので、面白みはないかと思いますので、自分のお気に入りの映画で挑戦してみるのがいいかと思います :-)

 

オススメのライティングスキル向上法

最後に、オススメのライティング力向上法なんですが、ライティング力を向上させたいなら、まずは英文法と英単語を徹底して極めるということですね。

 

日本語で書きたいことが頭に浮かんでも、その英語訳がわからないなら書けないので、冷静に考えれば当たり前のことですよね。

 

それを踏まえた上で、是非実践していただきたいことがありまして、こればかりは賛否両論あると思っており、ここだけの話、僕自身も相手を説得できるほど自信はないのですが、学校の英語の教師や、知り合いで英語が相当得意な人にテーマを貰い、添削までしっかりしてもらう、これは割と実用的なのではないか、と考えております。

 

僕自身も高校三年生の時、渡米を控えていたこともあり、当時の英語の教師が考えたテーマを元にエッセイを書き、添削をよくしてもらっていました。自分の悪い所を客観的視点で指摘してもらえるので、やはりすごくタメになったと、今でも感じています。

 

f:id:kanta-ryugaku:20190325073422j:plain

 

最後に

最後にはなりますが、やはり英語は毎日コツコツと継続的に頑張る人が伸びるものだと思っており、その中でも効率の良い学習法を実践するのが一番だと思います。

 

が、これは英語だけではなく、何事にも共通してくることなんじゃないかなぁ、とこの記事を書きながら思っていました。

 

ブログもツイッターも筋トレもダイエットも...

 

何事もコツコツ継続することが何よりも大事かと思います。

 

では、今回の記事はこの辺りで。

 

少しでもお役に立てたらなら、とても嬉しいです。

 

ピースアウト!

 

f:id:kanta-ryugaku:20190306035540j:plain

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール
id:kanta-ryugaku

KANTA

A

Kanta In CA/the U.S.をフォローする