”僕だからこそ”言える内容をシェアしていきます。

少しでも皆様のお役に立つことが出来れば幸いです。ようこそ僕のブログへ  

デザイン変更中です

【ネイティブ英語③】現役アメリカ留学生が教える ネイティブ英語まとめ

皆さんこんにちは、カンタです。

 

いつも僕のブログを読んでいただき、本当にありがとうございます。

 

そしてこれからもよろしくお願い致します。

 

一昨日、昨日の記事から引き続き、今回が最後にはなりますが、【1日1英語】をしっかりまとめていこうと思います。

f:id:kanta-ryugaku:20190322071124j:plain

 

 

 

 

1日1英語まとめ

 

Shoutout to ~

・Shoutout to ~ は、〜(人)に写真をつけてメッセージしたいときに使われると思うんですが、これは誰かが良いことをして褒めたい時だけに使えます。

"Thank you" のニュアンスを表す時に使う、とイメージしていただけると分かりやすいかと思います。

 

〜僕が一人でプロジェクトを終わらせたエマを褒めたい時〜

Shoutout to Emma for finishing the project by herself

 

 

High-key: 見ての通り・あからさまに

これは例の通りですね。会話でもメールでもよく使われます。

 

例1

High-key I’m not ready for test :(直前に見直しても何もわかってないので) 僕はテストの準備ができていない

 

例2

〜毎日ラーメン食べる系男子〜

High-key I love ramen :知ってると思うけどラーメン大好き

 

 

 Low-key: ここだけの話だけど

これも例の通りですね。会話でもメールでもよく使われます。

 

例1

Low-key I’m twitter famous :ここだけの話僕はツイッターで有名なんだ

Lies lol: 嘘をつくな(笑)

 

lit: アツい (激アツ)

 

Hey Kanta, wanna have a road trip all the way up to Seattle? :カンタ、車でシアトルまで旅行しない? 

 

Sounds good! That’s lit! :イイね!それは激アツ! 

 

Send it

send it: (何かバカな事、面白い事をしようとしてる人に対して) やっちまえ。

これは意外とご存知でない方も多いかと思いますが、相当使います。

会話でもメールでも使うことが可能です。

 


〜道頓堀の橋からジャンプしようとしてる人がいる〜

Send it! Send it! Lol:
やれ!いけ!笑

Damn kids... lol:
幼いなぁ…笑

 

Ass

形容詞 + ass + 名詞 で強調
発音記号: ˈæs

"ass" は基本あまり良い響きじゃないので、友人間やカジュアルな場のみで使うことをオススメします。

 

Long ass class
クソ長いクラス

Hard ass exam
クソムズいテスト

Big ass house
クソデカい家

 

最後に

最後にはなりますが、今回で【1日1英語】をまとめた記事は終わりです。

が、これからも毎日このシリーズはツイッターを通して続けていくつもりですので、何卒よろしくお願い致します。

 

ツイッターもブログもそうですが、皆さんの温かいサポートがあって初めて毎日継続することができているので、本当に感謝しかありません。

 

これからもよろしくお願い致します。

 

では、また明日の記事で会いましょう。

 

ピースアウト!

 

f:id:kanta-ryugaku:20190302113338j:plain



プロフィール
id:kanta-ryugaku

KANTA

A

Kanta In CA/the U.S.をフォローする