”僕だからこそ”言える内容をシェアしていきます。

少しでも皆様のお役に立つことが出来れば幸いです。ようこそ僕のブログへ  

【アメリカ留学】パーティドラッグの実態。大麻は大丈夫?

皆さんこんにちは、カンタです。

 

いつも僕のブログを読んでいただき、本当ありがとうございます。

 

そしてこれからもよろしくお願い致します。

 

今回の記事は、正直今の日本だと、普通に生きてたら縁のないお話にはなるかと思うのですが、欧米諸国をはじめとする海外では、薬物は身近で手に入ったりすることもあるので、それぞれの薬物の特徴や危険性というものを、まとめていこうと思います。

 

 

 

 

身近で目にするドラッグ

大麻(マリファナ)

f:id:kanta-ryugaku:20190314011718p:plain

 

マジックマッシュルーム

f:id:kanta-ryugaku:20190314011829j:plain

 

LSD

f:id:kanta-ryugaku:20190314012055j:plain

 

コカイン

f:id:kanta-ryugaku:20190314012551j:plain

 

ヘロイン

f:id:kanta-ryugaku:20190314012210j:plain

 

クラック

f:id:kanta-ryugaku:20190314012712p:plain

 

それぞれの特徴や危険性

 

大麻(マリファナ)

 皆さんは大麻についてどれぐらいの知識をお持ちですか?

日本生まれ日本育ちだと、どうしても怖いイメージがありますよね。

 

「大麻を吸うと幻聴・幻覚がある」

「一度吸うと抜け出せなくなる」

 

という風に学生は教育されていると思うんですよね。

でもこれって実は全く事実と異なる嘘なんですよ。

 

というのも、僕はワシントン州とカリフォルニア州に滞在経験があり(今はカリフォルニアに住んでいます)、大麻を吸うたくさんの友人を見てきました。

 

毎日吸っている人もいれば、週に1回、または月に1回という人もいました。

 

ここで確信できるのが、身体依存は他のドラッグに比べ、比較的低いということですね。大麻を吸わなくても汗をかいたり、落ち着きがなくなるという現象はこれまでに見たことがないです。

 

が、精神的依存はあるのかもしれません。

 

「大麻がないとソワソワして何もできない」という人は見たことなく

「吸わなくても大丈夫だけど、大麻があると助かる」という友人は何人もいますね。

 

先日それぞれのドラッグのレベルに関するツイートをしたところ、大麻情報に詳しいフォロワーさんが、貴重な知識を提供してくださったので、共有したいと思います。

 

f:id:kanta-ryugaku:20190314093548j:plain

f:id:kanta-ryugaku:20190314093624j:plain

 

ということで、やはり先ほど僕も書いたように、他のドラッグに比べ、身体依存は少ないものの、精神依存は強いみたいですね。

 

これも人によって度合いは変わってくるみたいですが、常習的に吸ってしまうと、やはり精神依存は強くなっていくみたいです。

f:id:kanta-ryugaku:20190314100317j:plain

大麻はタバコよりも害がないと言われています。確かにそれは科学的にも証明されていて、間違いないのですが、大麻を吸い続けてる友人に共通している点として、やはり大麻吸引後に特別怠けて何もしなくなったりしています。

 

正直これの度合いも人それぞれなのですが、大麻を吸っても、吸う前と何も変わらないという人は見たことがないので、健康に害があるかないかは置いておいて、トラブルになる可能性もありますので、やっぱり吸わないに越したことはないかと思います!

 

マジックマッシュルーム

これも割と身近で見かけますね。

 

マジックマッシュルームというのは、見た目がただのマッシュルームに本当にそっくりで、違いを聞かれても戸惑ってしまいそうなんですが、効果を知らずに食べると痛い目に遭います。

 

これは友人から聞いた話なのですが、マジックマッシュルームを食べると、数十分後に効果が出始め、3〜4時間の間、夢の世界に入って抜け出せなくなるみたいです。

 

友人曰く、その夢の世界というのは、なんていうのかな... 説明が難しいんですけど、全てのものが美しく見えて、全てに感謝したくなるみたいです。

 

例えば、マジックマッシュルームを摂取した僕の友人は、僕が飲んでいたコーラを見て

 

"Damn... that's so fucking beautiful.."

(うわぁ・・・そのコーラすげぇ美しいな・・・)

 

とか言い出したんですよね。

 

僕は、腹を抱えて笑ったのを覚えていますが、同時にやはり恐怖心も抱きましたね。

おぉ、ここまで変わってしまうのか、と寒気がしました。

 

が、科学的に見ても、中毒性は強くも弱くもないみたいで、人によるみたいです。

ハマってしまう方もいれば、全くハマらない方もいるみたいなので、これもやはりやらないに越したことはないですね。やめておきましょう。

 

LSD

LSDも有名なパーティドラッグですよね。

 

舌の上に乗せるだけでテンション爆上げ(or テンション爆下げ) しちゃうアレです。

 

あのスティーブ・ジョブズも大学生時代、常に使っていたと言われていますが、実際はどうなんですかね。

これもまた、アメリカに留学中のフォロワーさんから面白い体験談をいただいたので、ここで共有したいと思います。

 

f:id:kanta-ryugaku:20190314100756j:plain

 

これ本当に面白いんですが、全く笑い事じゃないですよね。

 

LSDを摂取すると、このように簡単に正気を失うので、何をするのにも自己判断能力に欠けてしまうということですよね。

 

が、このLSDというドラッグは意外と簡単に手に入ってしまうらしく、若者の間で流通することも結構あるみたいです。

 

f:id:kanta-ryugaku:20190314101750j:plain

 

そして、上記の画像でもわかるように、見た目がやはりドラッグだと判断しにくいんですよね。何かのキャラクターだったり、シンプルにオシャレなデザインもあったりするので、このあたりは本当に注意していただきたいです。

 

「何かわからない物体は体に入れない」

 

これは常識ですね。

 

コカイン

コカインの中毒性の強さというのは、日本人の皆さんでもご存知の方は多いんじゃないでしょうか?

 

コカインというのは、使用後30分〜45分の間、すごい心地よい気持ちになるらしく、心身ともに癒されるらしいのですが、効果が切れた後というのは一気に疲労困憊してしまうみたいです。

 

他のドラッグに比べ、コカイン常用者が多い理由というのは、こういうことなんですよね。異常に気持ちが良くなるのに、効果持続時間があまりにも短いので、すぐにまた手を出してしまう、ということですね。

 

ちなみにコカインというのは粉末ではなく、小さい結晶状になっていて、下記の画像のように、鼻から勢いよく吸うのが一般的な方法らしいです。

f:id:kanta-ryugaku:20190314102533j:plain

 

ヘロイン

これも割と有名だとは思いますが、中毒性の強い粉末状のドラッグですね。

一部の界隈では、コカインよりも相当中毒性が強いとも語られていて、本当に恐ろしいドラッグであることは明白です。

 

これがまた厄介で、なぜか知らないけど、ヘロインを持ってる学生がいるんですよね。

僕はまだそんな奴に会ったことないですけど、知り合い曰く若者でも誰でもすぐに入手することが可能らしいので、誘われてもしっかり断ることが大事ですね、

 

クラック

このクラックというのはコカインを上位置換したもので、物体はコカインなんですが、吸い方をアレンジすることで、より強い効果をもたらすようにしてるんですよね。

 

普通のコカインでも相当中毒性は強いので、この強化バージョンのクラックを吸ったら人生は即詰みです。本当に終わります。

 

そこで、クラックを使用して警察に捕まった女性の、ビフォーアフター写真を拾ってきました。

f:id:kanta-ryugaku:20190314103435j:plain

 

.....異様な変わり様ですね。見ているだけで悲しくなってきます。

 

で、何が問題かって、クラックをやってるやつはそこら中にいるんですよね。

 

これは実際にあった本当の話なんですが、夜に友人と二人でダウンタウンを出歩いていると、ホームレスのような方が声をかけてきて

 

「欲しいか?」と尋ねてきたんですよね。

 

僕は最初なんの話をしているのか分からなかったので無視してその場を去ったわけなんですが、友人曰く、あれはクラックの売人だったみたいです。

ここまで身近に恐ろしいドラッグがあるのか、と本当に驚きました。

 

恐らく、留学していなかったら、こんな経験なんてしなかったことでしょう。

今思えば、いい思い出なのかもしれません(笑)

 

最後に

最後になるんですが、やっぱり僕から読者の皆さんに伝えたいことがあって

 

”ドラッグはやらないに越したことはない” ということですよね。

 

”大麻は日本で教育されるほど悪いものじゃないから大丈夫” じゃなくて

やはり、吸わないに越したことはないんですよね。

 

タバコでもそうですが、何かを吸引するという行為は少なからず、体に影響は確実にありますからね。

 

留学生は必ずどこかのタイミングでパーティに誘われると思うんですよ。

パーティは楽しいです。友人もたくさん作れるので、パーティ自体は否定しません。

 

が、注意するべきところはしっかり注意し、嫌なことははっきり嫌だと言うことが本当に大事になってくると思います。

 

あなたが断っても別に相手は悪く思わないので、はっきりと断ることには何の問題もありません。自分の人生を棒に振らないためにも、僕が書いた点をしっかり意識していただきたいと思います。

 

では、今回の記事はこの辺りで。また明日の記事で会いましょう。

 

ピースアウト!

f:id:kanta-ryugaku:20190314105311j:plain