”僕だからこそ”言える内容をシェアしていきます。

少しでも皆様のお役に立つことが出来れば幸いです。ようこそ僕のブログへ  

【護身グッズ】海外・日本国内関係なく自分の身を守るためにできる事

みなさんこんにちは、カンタです。

 

いつも僕のブログを読んでいただき、本当にありがとうございます。

 

そしてこれからもよろしくお願い致します。

 

今回の記事なんですが、これからアメリカへ旅行・留学されることを考えている方にとっては、とても有益な記事になるかと思います。

 

過去に何枚も記事にしているように、アメリカはやはり日本と比べ治安がものすごく悪いですよね。

 

過去の記事から例を出すと、強盗に遭って抵抗したことで、集団リンチを受け緊急帰国してしまった友人や、リアルなヒッチハイク事情など、日本で起きるとは考えられないような事件が毎日起きてるのがアメリカという国なんですよね。

 

そのような環境で生活するということが不安なのは、すごく分かるし、本人だけでなく、親御さんを初めとする家族や友人も心配になりますよね。

 

そこで、今回の記事では僕や僕の友人が実際に所持している

"アメリカの治安の悪さから自分の身を守るためのアイテム" を紹介していこうと思っております。

 

いくつか紹介し、リンクも貼っていきますので、ぜひ最後までお付き合いください :)

 

f:id:kanta-ryugaku:20190312081507j:plain

 

 

必須アイテム紹介

では早速僕が読者の皆さん、日本人の皆さんにオススメするアイテムを紹介していこうと思います。

 

ペッパースプレー

f:id:kanta-ryugaku:20190312065008j:plain

これは消化器じゃないですよ。ペッパースプレーです。

 

ペッパースプレーは、日本人の方でもご存知の方は多いかと思われますが、アメリカでは日常的に常備している方もいらっしゃいます。

 

ペッパースプレーを相手の顔面に向けて発射すると、相手の目は腫れ上がり、激しい痛みを感じるので、身動きが取れなくなり、その間に逃げることが可能なわけなんですよね。

 

ペッパースプレーの攻撃を食らった相手は、直ちに病院に行って応急措置を受けないとダメなので、それぐらいの威力があるということですよね。

 

僕も以前Uberを使って移動していた時に、Uberドライバーがペッパースプレーを常備していると言っていました。

 

実際に見せてもらったんですが、その大きさはとても小さいもので、車の鍵のキーホルダーに隠れていました。

 

相手に気づかれないためにも色々工夫してるんですよね。やはりアメリカ人、相手を警戒するレベルが違いますよね。

 

実はこのペッパースプレー、男である僕ですら持っています。

 

もちろん常備しているわけではないですが、友人と夜に外出する時などは必ず持つようにしているし、車にも置いてあります。

 

というのも、いつ誰に襲われるかが分からないので、自分の身を自分で守るためにも何か心強いアイテムというものは持っていた方がいいんですよね。

 

しかし、ここ最近、日本も治安がとてもいい国とは言い切れないところがありますよね。夜に一人きりで女性が歩くのにも抵抗があるかと思います。

 

"自分の身は自分で守る"

 

という言葉を心に刻んでいただきたいんですよね。誰もいないところで誰かに襲われたら、あなたの身を守ってくれるのはあなただけですからね。

 

そこで、僕がオススメするペッパースプレーというのは、以下のリンクにあるもので

値段もそこまで高くなく、実用性もあるということで、実際に僕の友人にも勧めております。

 

チタン製 防犯スプレーケース JETBeam ジェットビーム Titanium Defender Pepper Spray バトンスプレー ※ペッパースプレーカートリッジ(mace 80361)は付属していません※

価格:7,980円
(2019/3/13 05:10時点)
感想(0件)

実際に僕もペッパースプレーを所持しておりますが、持ち運びに問題はなく、すぐに取り出す事が可能なので、相手の動きにも素早く対応する事が可能ですね。

最近話題の順強姦事件のように、日本でも犯罪は増加していることは間違い無いので、ぜひ一つでもお持ちになることをオススメいたします。

 

当たり前ですが、命より惜しいものなんてあるわけがないですよね。

自分の身を守るために、何かにお金を投資するという行為は全くおかしいことじゃないし、どこかで必要になってくると思うので是非参考までに :)

f:id:kanta-ryugaku:20190312064822j:plain

 

 

 

 

クボタン

f:id:kanta-ryugaku:20190312072153j:plain

皆さんはクボタンってご存知ですか?

 

すでにご存知のある方も多いかとは思いますが、クボタンというのは、直接殴ったり、パンチしたりするのが苦手、という方にオススメのアイテムになるんですよね。

 

というのも、これはペッパースプレーに比べ、小さく、軽いために手軽に持ち運びが可能であり、先端を相手に刺すだけで相手を怯ませることができるので、女性の方にもとても便利なわけです。

 

ペッパースプレーに比べ、安価で販売されているので、ちょっとした護身用グッズとして、今日からカバンに忍び込ませておくのもアリかもしれませんね :)

 

これはペッパースプレーと違い、しっかり申告すれば、海外に持ち込むことも可能ですので、ぜひ旅行を検討されている方は下のリンクからチェックすることをオススメいたします。

 

武器 防犯 護身グッズ 護身用 タクティカルスティック キーホルダー キーリング クボタン 痴漢対策 護身用品 軽量 送料無料

価格:534円
(2019/3/12 15:28時点)
感想(43件)

クボタンの魅力はやはり何と言ってもこの低価格な値段ですよね。

送料込みで534円というのは、ペッパースプレーに比べても破格かと思います。

拳では力負けしてしまう可能性があっても、このクボタンを使えば相手は確実に怯むので、ペッパースプレーに負けないぐらいの効果があるかと思われます。

 

僕も日本在住の時に、妹と一緒に買った事があるんですが、実際に持っていても、非常に軽量でとても扱いやすいものでした。

 

カバンのポケットに入れておくだけでも、本当に変わってくると思いますので、ぜひチェックしてみてください :)

f:id:kanta-ryugaku:20190313120935j:plain

 

緊張感

最後のアイテムは... "緊張感" です。

 

実はこれが一番大事なんですよね。

日本は世界一平和と言っても過言ではないぐらいに安全な国なわけで、言い方は悪いですが平和ボケしている方が多すぎる。

海外で、日本にいる時と同じ様なことをしていると痛い目に合うんですよ。

もう何度も口うるさく言っておきますが、本当に痛い目に合うんですよね。

・夜に少人数で出歩かない

・私物を放置しない

・車に物を放置して出かけない

 

海外では常識です。全部常識なんですよね。

なので、海外旅行でバカンスを楽しむのもいいけれど、しっかりと緊張感を持って、自分は日本にいる訳じゃないということを自覚していただきたいです!

 

 

というかアメリカで生活しても大丈夫?

僕がこれだけ「アメリカは治安が悪い」と口うるさく言ってしまうと、アメリカに対してより悪いイメージを抱いてしまう方もいるかと思うんですが

 

アメリカで危ないのは夜と一定の地域だけになります。

 

朝から夕方にかけては、ごく普通の世界が広がっていますし、人通りも多いです。

 

ですが夜の9時以降になると、外で歩いてる方も少なくなっていき、みんな家でゆっくり過ごすということが多いですね。

 

なので、常にアメリカが危ないというわけではなく、特定の時間、特定の場所が危険ということですので、誤解をされないようにお願い致します :)

 

 

最後に

最後にはなりますが、もう一度今日のおさらいとして。

 

せっかく海外旅行に行ったのに、何かトラブルに巻き込まれたり、被害に遭ってしまうのは本当に勿体無いですよね。

 

”自分の身は自分で守る”

 

ということを、やはり再認識していただいた上で、今日紹介した護身グッズを一つの心の支えとして持っていただくのも良いかもしれません。

 

アメリカに生活して2年が経とうしていますが、護身グッズを持っている友人を何人も見てきましたし、実際に使ってトラブルを回避したという話も聞いたことがあります。

 

自分の心の支えになる、いわばお守りとしても、十分役にたつと思いますので、ぜひ護身グッズを常備することを検討してみてはいかがでしょうか?

 

そして、過去にアメリカの治安の悪さから、友人に起きてしまったトラブルの記事を下に貼って起きますので、ぜひお時間のある方はお読みください。

 

www.kanta-ryugaku.com

 

では今回の記事はこの辺りで終わりにします。

 

また明日の記事で会いましょう。

 

ピースアウト!

 

f:id:kanta-ryugaku:20190313121142j:plain