”僕だからこそ”言える内容をシェアしていきます。

少しでも皆様のお役に立つことが出来れば幸いです。ようこそ僕のブログへ  

【アメリカ留学】車は買うべき?車の費用 維持費 レンタカー代など

みなさんこんにちは、かんたです。

 

いつも僕のブログを読んでいただき、本当にありがとうございます。

 

そしてこれからもよろしくお願い致します。

 

先日ツイッターのDMでこんな質問をしてくださったフォロワーさんがいました。

f:id:kanta-ryugaku:20190310080654j:plain

つまり「留学先での車にかかるコストやレンタカー会社の細かい費用はどうなってるの?」ということですね。いい質問をありがとうございます。

 

今回の記事では、留学先 (アメリカ)で車を買うべきなのか、また車の詳しいコスト、そしてレンタカー事情などをわかりやすく綴っていこうと思います。

 

f:id:kanta-ryugaku:20190310101315j:plain

 

 

 

 

アメリカで車はすごく便利

僕は2年前にアメリカに来ました。

もちろん最初は車なんて持ってるはずもなく、通学や外出は当たり前のようにバスを使っていたんですね。

 

が、生活していく上で「都市部以外で生活するなら車は必要不可欠」だと確信致しました。

 

というのも、都市部だと近い距離で色々な店があり、充実してるので、比較的徒歩や自転車でことを済ませることができるのですが、やはり郊外や田舎だと、どうしても移動時間が長くなるので車は絶対的なアイテムになります。

 

そして、やはりアメリカは治安が悪い。こればかりは避けることのできない現実。

 

バスの中で薬をやってる方もいれば、小便を撒き散らしてる方もいる。

 

道を歩いていたら、ホームレスの方がお金や食料を媚びてくれることがしょっちゅうある。

 

そんな車無しの生活を3ヶ月続け、これはもう耐えられないなとなり、車を買うことにしました。留学前にガソリンスタンドでバイトして貯めた40万円を車の購入費に充てました。

 

やはり車を買った後と買う前のアメリカ人生は180度変わりました...

 

学校が8時に始まるとしたら、

・徒歩でバス停まで行く時間

・バスを待つ時間

・バスに乗っている時間

・バス停から学校まで歩く時間

などを気にする必要があったので、7時には家を出ていたんですが

 

車を買った後は15分で着くので、7時30分過ぎに出ていました。

この30分の差、僕にとってはとても大きく、朝ゆっくりコーヒー飲みながらくつろぐ時間を作っていました。

 

そして行きたい場所に自分が行きたい時にいつでも移動することが可能なので、ちょっとした緊急事態でも、車があるのとないのとではやはり大きく変わってくるかと思います。

 

なので僕個人の意見としては車は是非購入して欲しいかと思いますが、金銭面などの裏事情はしっかり知っておいたほうがいいと思いますので、次の項目へ移りたいと思います。

 

車の価格 (新車・中古車比較)

アメリカと日本ではやはり中古車の価値というものは車種によって変わってくるんですよね。

 

例えば、MAZDAのロードスター (通称 Miata) は日本では120万円ほどするんですが、アメリカでは40万円以下で買うことが可能です。(もちろん値段は売主と車の状態によって変わってきますが)

 

他にも全然走れる状態の車が10万円で売っていたりすることもあるんですよね。

なので、たくさんの留学生が中古車を購入することが多いです。僕の周りの友人もほとんど車を持っていて、移動手段は車がメジャーだと思います。

 

というのも、アメリカ人の方って16歳から親の車を運転したりしてる子どもが多いので、若者が運転していることはごく普通のことなんですよね。日本だと遠出する時にレンタカーを借りたりするぐらいで、自分で車を買うなんて大人になってからの方が多いと思いますが、これも社会の成り立ちの違いで面白いですよね。

 

色々な車を見てきて思うのは、基本50万円かそれ以下を出せば、普通に問題なく走れる中古車というものは買えると思うので、ぜひ参考までに。

 

新車を買えることに越したことはないのですが、やはり車種にはよりますが普通に日本車でも300万円ぐらい余裕で超えてくるので、学生には厳しいですよね。

 

車の修理費、ガソリン代、保険代

これも車種によるので大まかな数字しか伝えることができないのですが、中古車はやはり故障費がかさみますね。

 

やはり中古車の最大のデメリットは故障するたびに高額の修理費を払う必要が出てくるということで、まぁこれは仕方ないんですけどね。

僕の車も何度か故障して修理しまくってますが、恐らく合計30万円ぐらい出してます...

 

ガソリン代に関しても車種や運転頻度によって変わってきますが、月曜日から金曜日まで毎日学校まで運転してる僕は1ヶ月で1万5000円ぐらい使ってます。

 

保険代もそうですね、やっぱり車種にもよりますが決して安くはないです。

僕は1年間で大体25万円ほど払っています。友人によってはもっと高い値段を払ってることもあるので、これも保険の内容によってピンキリですね。

 

やっぱり維持費は自分が気づかないところでどんどん積み上がってきますよね (汗)

 

車を買うということは、当然維持費もしっかりかかってくるので、車を持ってない人とではかなり費用の賄いが変わってくるかと思います。

 

 

レンタカー事情

最後にアメリカのレンタカー事情を書いていきたいのですが、やはりアメリカでも日本と同じように手軽にレンタカーすることが可能です。

 

が、州によっては21歳以上や25歳以上の人間がいないと、レンタカーの契約ができなかったりもするので、事前に調べておく必要はあるかと思います。

 

僕もワシントン州・シアトルにいた頃はよく友人とレンタカーしていたんですが、その時の費用は1日で大体1万円〜1万5000円だったと思います。

 

が、これも車種と会社によっても変わってきますので、参考程度にして欲しいのですが、レンタカー会社はGoogle検索して一番上に出てきたものが一番信用できてお手頃かと思われます :)

 

 

最後に今回の記事で言いたいことというのをまとめておくと、アメリカで車を持つことはとても便利で留学生活がより充実したものになる可能性はあるのですが、それに伴ってたくさんのお金がかかってきますので、金銭面に余裕がない方は車は無理して買わない方がいいかと思われます。

 

それでは、今回の記事はこの辺りで。

 

また明日の記事で会いましょう。

 

ピースアウト!

 

f:id:kanta-ryugaku:20190310101526j:plain