”僕だからこそ”言える内容をシェアしていきます。

少しでも皆様のお役に立つことが出来れば幸いです。ようこそ僕のブログへ  

【アメリカ留学】アメリカ現地に着いてすぐにやるべき3つのこと

皆さん、こんにちは。カンタです。

 

いつも僕のブログを読んでいただき、本当にありがとうございます。

 

そしてこれからもよろしくお願い致します。

 

今回の記事は、"実際に現地に着いてからできるだけ早くやったほうがいいよ!"

というものをそのメリットと一緒に綴っていきたいと思っています。

 

が、この記事は主にアメリカ留学を考えている方に向けてになります。

 

というのも、僕自身アメリカにしか留学したことがないので

 

他の国に対してあまり詳しくないっていう事実があります。

 

ご了承ください。

 

 

①銀行口座の開設

これは必須ですね。是非オススメします。

というのも、日本のカードがたまにアメリカでは使えないことがあるんですよね。

 

そうなった時に留学生はキャッシュを持ち歩くわけですが、大量のキャッシュを持ち歩くのは非常識なのでやめたほうがいいです。

 

なぜ非常識かというと、過去の記事でも何度か紹介しているようにアメリカはやはり治安が良いとは言えません。

 

道端で強盗にあった際に、カードではなく大量のキャッシュを持っていると、一文無しになりますよね。僕もアメリカのカードは持っていて、財布の中のキャッシュは2000円ぐらいですね。

 

あとはほとんど口座の中で、何かあった時のために小銭を部屋に置いてる感じですね。

アメリカの口座を開くことはとても簡単で、どこでも良いのでアメリカの銀行に行き、自分の身分証明証を持って "I want to open my account" と言えばいいだけです。

 

話はちょっとそれますが、僕が留学してから最初にホームステイを推奨するのは

こういう時にすごい助けになってくれるからですね。

流暢な英語で、相手に説明してくれますからね。個人情報などの管理も代わりにしっかりやってくれますし。

 

アメリカの銀行口座を開くことで、支払いが拒否されることもないし、強盗にあった際に一文無しになる可能性もなくなりますから、是非オススメします。

 

②携帯を買う

アメリカの携帯ショップでアメリカで使える携帯 or SIMカードを買いましょう。

正直これは、短期留学生(3ヶ月以下の滞在)だと特に推奨はしませんが、それ以上なら絶対オススメですね。

 

当たり前ですが、日本圏内とアメリカ圏内では電波が全く違います。

日本の携帯はアメリカだとWi-Fiなしでは使えないんですよね。常に機内モードなわけです。そして、Wi-Fiがあっても電話番号がないので、電話はできません。

 

実はこれが非常に不便で、アメリカ人の友人や、何かお店に予約を取りたい時に使えないんですよね。この対策は正直僕にはわからないので、アメリカの携帯を買ってくれ、としか言えないですね。

 

現地でたくさんの外国人の友人を作りたい場合も、電話番号を持っておくと何かしら便利です。フェイスタイムとかもできるし、アメリカでは日本のガラケー時代のようにテキストメッセージがまだまだ主流だったりするので。

 

もっと言えば、店にWi-Fiがなかったら何もできないわけですよね。

不便すぎて仕方ないので、何度も言いますが携帯 or SIMカードは買ってください。

 

③車の免許を取る

これも必須ですね。短期留学の方でもオススメします。

が、僕が言いたいのは「車社会なんだからアメリカでは車に乗れ!」というものではなくて、「身分証明証代わりになるから取って!」ってことですね。

 

留学生の身分証明証ってパスポートしかないんですよ。

 

でも、パスポートを持ち歩くのは絶対ダメです!

 

これも過去の記事で紹介しましたが、日本のパスポートは世界中を何カ国もビザ無しで渡航できる最強のアイテムなんですよね。なので相当な額で売れたりするんですよ。

 

パスポートを持ち歩いて、強盗にあったり、落としたりしたらもう話になりませんよね。その場合は、大使館と学校に連絡しないといけないので相当な労力がかかります。

 

が、そんなことも車の免許をとってしまえば解決するんですよね。

免許証が自分の身分証明証となってくれるわけです。

 

「え〜でもアメリカで車の免許なんて取るの難しいでしょ〜?高そうだし!」

という方、問題ないです。

 

僕は日本の高校を卒業したと同時にアメリカに単身でやってきたので、車の免許なんて持っていなかったんですよね。でも渡米2ヶ月してから取りました。

 

かかった時間は1週間。かかった費用は確か1万2500円程度。

 

1ミリも盛ってません。本当にこれだけの時間、費用でした。

これはやっぱりさすが車社会、アメリカと言うべきでしょうか。

コスパ最強ですよね。

 

アメリカでは日本のように車の免許のために合宿はなく、教習所のようなドライビングスクールはありますけど、強制じゃないので参加する人もしない人もそれぞれですね。

 

ちなみに僕は参加せずに、友人の車を借りて、駐車場で練習したりしていました。

21歳以上の免許保持者を助手席に乗せて練習すること自体は合法なので、問題ないんですよね。(一次試験が筆記試験なので、それに受かってる方だけですが)

 

加えてアメリカの免許証は日本に帰ってからトランスファーできるので、(アメリカに3ヶ月以上滞在した方のみ)アメリカに長期間滞在することが確定されてる方は、日本で高い金額を払ってまで取る必要はないかと思います。

 

最後に、この記事のポイントをまとめておくと

①色々と便利なので銀行口座を開設しよう

②色々と便利なので携帯 or SIMカードを買おう

③色々と便利なので免許を取ろう

 

ということになりますね。

これを留学前から知っているのと知っていないのとでは、大きく変わってくると思いますので、ぜひ参考にしてください。

 

では今日の記事はこの辺りで。

何か記事のリクエストがありましたらTwitter (@theonlyonekanta) までDM入れていただけると嬉しいです。

また明日の記事で会いましょう。

 

ピースアウト!

f:id:kanta-ryugaku:20190302113338j:plain