”僕だからこそ”言える内容をシェアしていきます。

少しでも皆様のお役に立つことが出来れば幸いです。ようこそ僕のブログへ  

【アメリカ生活】アメリカで女の子がよく履いてるレギンスって?

皆さんこんにちは〜、カンタです。

 

いつも僕のブログを読んでいただき、本当にありがとうございます。

 

そしてこれからもよろしくお願い致します。

 

さて、今回の記事ですが

 

みなさん "レギンス (leggings)" ってご存知ですか?

 

日本ではスパッツと言われることが多いですね。

 

アメリカでは、多くの女性がレギンス1枚だけを私服として履くことがあるんですよ。

 

写真を引っ張って来ると、こんな感じです!

f:id:kanta-ryugaku:20190223102339j:plain

f:id:kanta-ryugaku:20190223102411j:plain

こうやって改めて見てみると、

「今からこの人ジム行くんだろうなw」って思う人も多いと思うんですけど

本当に普通に私服で履いたりしてる方が多く、授業にこんな格好で来る方もめちゃめちゃいます。

 

デザインも豊富で、オシャレに着こなしてる方もたくさんいるんですよね〜。

日本でレギンスを私服として履いたらどうなるんでしょうかね...

ぶっちゃけ僕はもう慣れてしまって、ごく普通のパンツ(ズボン)として考えるようになってるんですが、まだまだ日本では見慣れない方も多いんじゃないでしょうか。

 

2020年には東京オリンピックがあって、私服でレギンスを履かれている外国人の方をお目にするかもしれませんね。

 

「男性でも履いてる方はいるんですか〜?」

という質問ですが、正直そこまで男性で履いている方はいないです。

実際にアメリカ人の友人に理由を聞いてみたことがあるんですが、

 

「レギンスは女物。男で履いている人はゲイ。」と言われました。

 

アメリカには「〜だったらゲイ」というような偏見がたくさんあります。

例えば過去記事でも書いたように「男性で長財布=ゲイ」というような認識が浸透していたり。

 

僕からすると本当にバカバカしいなって思うんですけど、どうしようもないですよね。昔からそうみたいなので。でも文化?って変わっていくものなので、いつか、男性にもレギンスを履く習慣が浸透していく日が来るんじゃないかなーって思ってます。

 

先ほども言ったように、可愛いデザインのレギンスはたくさん売ってるので、興味のある方は是非是非ググってみてください!:)

 

レギンスだけで外を出歩くのに抵抗がある方もいると思いますが、アメリカでは本当にごく普通なので、留学先や旅行先で機会があれば、是非トライしてみてください。

 

ではでは、今日はこの辺で。ピースアウト!

f:id:kanta-ryugaku:20190223103734j:plain