”僕だからこそ”言える内容をじゃんじゃんシェアしていきます。

少しでも皆様のお役に立つことが出来れば幸いです。ようこそ僕のブログへ  

【アメリカ旅行】治安の悪いアメリカでヒッチハイクは死を意味する

みなさん、おはようございます!カンタです。

 

いつも僕のブログを読んでいただき、本当にありがとうございます。

 

そしてこれからもよろしくお願い致します。

 

昨晩僕が呟いたツイートが大きな反響を呼び

 

DMでも "アメリカでのヒッチハイク" に関して少し質問をいただいたので

 

今回は記事にしてシェアすることにしました。

 

 

 

では、さっそく本題に入っていくんですが

なぜ「アメリカでヒッチハイクは危険」と言われるのでしょうか?

 

「アメリカは治安が悪いから!」

というのは常識でみなさんご存知だと思うのですが、安直すぎるのでもう少し詳しく掘っていきたいと思います。

 

アメリカは銃社会

これもみなさんご存知かと思いますが、アメリカでは銃が合法なわけです。

アメリカにいる人間は強盗を働く時やトラブルが起きた時など、当たり前に銃を使用するわけです。逆に言えば、銃さえ使用すれば何でもできるんですよね、簡単な話。

現地の人間だって銃を向けられて抵抗するなんて一人もいないんですよ。

日本で生まれ育った方はあんまり感覚がわからないかもしれないですけど、銃を向けられて両手を挙げる、あの映画みたいな世界です。

過去記事 "日本は素晴らしい国" でも書きましたが

過去に日本で "カミソリ"で強盗を働いた人がいた時、僕のアメリカ人の友人はみんな笑ってました。

”どうやって脅すんだw” ってね。

それぐらい日本は平和なんですけど、今回のヒッチハイクの舞台はアメリカだということを肝に命じたほうがいいわけです。

 

人身売買

アメリカにはまだまだギャング・マフィアがその辺にいます。彼らは平気で男女関係なく拉致・監禁し、誰も行方が分からなくなるようなところまで売り飛ばしたりします。さらに、僕はカリフォルニア州に住んでいてメキシコ人の友人が多いのでよく聞く話なんですが、メキシコのマフィアの間では "日本人のパスポート" が高額に売れたり、誘拐して臓器を売買する話だってたくさんあるみたいです。信じられないと思うし、悲しいけれどこれが事実なのです。

日本のパスポートはビザなしで世界何カ国もいける、世界から見るといわば最強のアイテムなんですよね。これは今回のヒッチハイク関係なく、旅行先でも本当に気をつけておくべきことです。

 

差別

2019年、今の時代もう差別はないなんて思ってる方もきっといると思いますが、全然あります。「アジア人・黒人だから〜しない」なんて本当に起きてる話です。

と、いうのも西海岸や東海岸沿いはリベラル主義の方が多く多様性に寛容的なのですが

内陸の方に進むにつれて保守的な文化が浸透していて「白人主義」の人も全然いるわけなんですよね。トランプ大統領が当選した時の投票割合なんて面白いですよね。

トランプ大統領は、アメリカンファースト(簡単に言えば白人主義)を主張し続けて当選したんですが、投票のほとんどは内陸に住むアメリカ人からでした。

そんな場所で "アジア人" がヒッチハイクなんてしてたらどうなると思いますか?

まず、確実に拾ってもらえないでしょう。

そして、自分の側を通り過ぎるたびに罰声を浴びせられるでしょう。

お腹も減ってメンタルもボロボロ、そんな時に強盗にあったらどうなるでしょうか。

僕は想像したくもないです。内陸の方へ行ったことはないですが、西海岸に位置するカリフォルニアでさえ差別意識を感じることが普通にあるので、だいたい予想できます。

 

「なぜアメリカでヒッチハイクは危険なのか」を挙げていくとキリがない気もするので今回はこの3つの点だけになりますが、この3つだけでも読者の皆さんのアメリカに対する警戒意識が更に増したんじゃないかな、と思います。

 

 

違法な州

次に、"危険すぎて違法な州が多い" ということですが、本当です。

以下の画像をご覧になってください。

f:id:kanta-ryugaku:20190214020135j:plain

 

「どこでもヒッチハイクOK」という州は緑色だけです。

はい、わかりますよね。それだけ危険だってことなんですよ。

日本のようにダンボール持ってニコニコしてたら大丈夫、なんて思ってるうちに死にます。

 

最後に

厳しいこと言うようですが、日本人は悪い意味で平和ボケしていると思うので 本当に気をつけて欲しいのです。

 

某Youtuberのジョー◯ログさんは、アメリカで旅していた様子を動画にアップしていましたが、皆さんが思ってる以上に苦労したと思います。表では決して見せないけれど、裏では過酷な試練がたくさんあったと思います。特に差別の観点とかね。

 

今回の件はヒッチハイクということでしたが、アメリカに旅行される時でも全く同じことが言えます。僕の過去の記事を漁っていただくと、アメリカの常識からトラブル回避法まで綴っていますので、ぜひそちらをご覧ください。

www.kanta-ryugaku.com

 

また、僕がいつもお世話になっており、在米経験も深い方が、以下のリンクから、よりアメリカのヒッチハイク事情について綴っていますので、ぜひそちらもご参照ください。アメリカの医療費など、僕がこの記事で綴っていない内容まで書いてありますので、タメになるかと思われます!(こちら👉アメリカのヒッチハイクについて | 海外SEOブログ

 

あの中学生の無事を祈ります。

 

では、今回の記事はこの辺りで。また明日次の記事で会いましょう。ピースアウト!

f:id:kanta-ryugaku:20190214020135j:plain