”僕だからこそ”言える内容をシェアしていきます。

少しでも皆様のお役に立つことが出来れば幸いです。ようこそ僕のブログへ  

【留学生活】アメリカ留学中にストレスにより20歳という若さで円形脱毛症?

こんにちはーカンタデスゥ!

 

今回は自分のバックグラウンドをもっと明かしていこうということで

少し赤裸々な記事になっていきます。

 

 

 

 

では、さっそく嘘偽りなく書いていこうと思います。

 

20歳でハゲた経緯 

僕は19歳の時に一人で渡米しました。

日本の高校を卒業し、アメリカの大学に進学を決意したわけです(アメリカの大学へ進学した理由は別で記事にしてますのでどうぞご参照ください。)

 

 

大学は西海岸沿いにあるワシントン州・シアトルでした。留学エージェントを通しての決定だったので特に心配するわけでもなく、むしろワクワクの方が大きかったですね。

 

 

3月末にアメリカに着き、知り合いも一人もいない新しい環境でスタートしました。

いわば第二の人生みたいなものです。

 

 

ただ僕は別記事でも紹介したように、初日からどんどん外国人に話しかけていき積極的に交流しようと努めていたので友人つくりには全く困ることもなく楽しい日々を過ごしていました。

 

 

シアトルの夏は個人的に世界トップ3に入るんじゃないかっていうぐらい素晴らしくて、6月〜9月中旬まではとても過ごしやすい涼しい気候が続きます。

 

 

しかし9月下旬〜3月上旬にかけて、こちらは世界ワースト3に入るんじゃないかっていうぐらい雨の毎日になります。

平均的にいうと週5で雨、週2で曇りたまに晴れって感じ。

しかもめちゃめちゃ寒いんですよね。

 

 

この天気を全く予想していなかった自分はだんだんと気分が滅入っていきました。シアトル出身の方はもう慣れきっているんですけど、留学生には相当キツいものでした。

 

 

そしてこの最悪の天気に加えて僕を襲ったのが失恋でしたw

(何回失恋するんだよお前っていうw)

 

 

えっと、2017年の10月ごろからノルウェー系アメリカ人の女の子と付き合ってたんですけど年明けた2月ぐらいにお互い色々事情があって別れたんですよね。

 

 

彼女の宗教がちょっと結構ヤバかったり親が厳しかったりして、すれ違いがだんだんと多くなっていった結果ですね。

 

 

別れて辛い思いをしてるのに、外に出てみると常に雨が降っている。加えてクラスもどんどん難しくなっていって課題も大量にある。

 

 

割とマジで地獄にいる気分でしたw

 

 

そんな感じで過ごしてたある日、友人にいきなり

 

"What happened to your hair? Haha"

 

って言われて

鏡で確認すると見事に禿げてましたw その時はまだ立ったの20歳なのにw

その当時の写真はこの記事ラストに添付してますw

 

 

20歳で円形脱毛症を発症する人ってそんないないですよね。

なので正直僕は誇りにすることじゃないですけど誇りにしてました。無理矢理ね。この若さで円形脱毛症はなかなかできるもんじゃないな、勲章だな、みたいな感じでw

 

 

留学してる以上、自分にかかってくるストレスって尋常じゃないんですよね。

 

 

全てが英語っていう環境で、失恋みたいなイベントが発生すると一気にメンタルがやられるわけですw そして課題のせいで心にゆとりを与える時間もないのです。

 

 

世界の留学生にアドバイス

 

”今いる環境にストレスを感じるのなら早めに環境を変える”

 

 

ということですね。これが結構大事なことで、職場とかでも同じことが言えると思います。

 

 

僕は実際にシアトルから常夏のカリフォルニアへ環境を移しました。結果、今はめちゃめちゃ元気に生活できています。ビーチもあって暖かいので気分が滅入る要素は全くないですね。

 

 

読者のみなさんも、髪の毛が抜けるまでストレスを感じる前に環境を変えてください。今いる環境にストレスを感じるのなら、それを変えることで今よりもずっと明るい未来が待ってると思います。

 

ではではー!!

f:id:kanta-ryugaku:20190207081433p:plain